2010年06月22日

見た目も涼しげな竹製フローリング

また竹を使ったフローリングもある。障子が、薄明かりの中でその向こうの人や風景を見えるような見えないような曖昧さの中に感知することが出来るのと同様、内でもなければ外でもないという縁側に、日本家屋独特の曖昧さの構造を見るという文化論も語られる。一般の住宅の他、公共施設でも広く用いられており、体育館では仕上げに鉋がけを行うフローリングが用いられる事が一般的。縁側(えんがわ)は、日本の和風家屋に独特の構造で、家屋 家の屋内から、そのまま外につながった一種の張り出し部分に座って、屋外の空気に触れ、庭や戸外の景色を楽しむことの出来る部分。床暖房の特徴であり、僅かではあるが床からの放射による効果もあり、室温そのものは比較的低い状態でも体感的な暖かさを得ることができる。床暖房(ゆかだんぼう)とは、床を加温することで生じる熱伝導、対流および放射を利用した暖房方法である。
posted by あさ at 17:29| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。